となりの電話 山木康世 オフィシャルサイト

品川区大崎ブックカフェ御礼

2022年10月02日 | カテゴリー: 山木康世

いよいよ9月も終わり10月神無月の始まりである。
今日は大崎のブックカフェでのlivelibrary。
室内に入ると右手壁一面が本棚となっており世界の名著や全集がズラリと収まっていていっとき気持ちが本好きのヒトとなる。本の虫ではないが嫌いではなく時として一人が好きな僕は昔から格好の心の寄り添いとして何かと本がそばにあって、今でもそばにある。しかし整頓苦手な人間の性、買ってきては乱雑に積まれて増える厄介な本たち。紙は木から作られる。ゆえに森林にいるようなもので、何かと落ち着き心がインテリジェンスになった錯覚を覚える。
「本のないところに争いは起きる」とは新井薬師前駅前の古書籍やさんの手書きのメッセージである。
読むか読まないかは二の次である。本と対峙して活字を追っている心穏やかな時間が良いのであるな。静かに月を見てあれこれと瞑想妄想する時間が良いのであるな。一人座して今日の自己を観察することは大いに意義があることと思っている。そして周りの人へ思いを巡らす。苦しんでいないだろうか、眠れなくはないだろうか、痛がっていないだろうか。そんな思いはスマホを何時間見ていても教えてくれない。
良い会場だった。我が心より現れ出でたる自前の歌をより心の中心に据えてお客さんに聞いてもらおうと自然体で2時間を過ごすことが出来た。
中野から16キロほどの近距離での夕刻であったが、いつもと少し違う環境で木のギターを奏でて歌う作業は面白くあっと言う間に過ぎて時間を忘れるほどだった。
お忙しい中ご一緒してくださったみなさん、誠にありがとうございました。SONY内藤さんも駆けつけて手伝ってくれて嬉しかった。
今週金曜は横浜英国館で良い時間を過ごす予定である。

ステージ背後には書棚がずらりと


久しぶりに内藤さんが遊びにきました

市川市サクラコートホール御礼

2022年09月26日 | カテゴリー: 山木康世

予想通りの台風一過、見事な晴れの日。
三連休の最終日、行楽日和である。多くの車が走っている。
つくば山が秋空の中に雄姿を見せている。長閑な田園風景の中、茨城から千葉へ、下道で1時間半ほどで市川に着く。
サクラコートは弾き語りに相応しい畳の間の会場である。庭に桜の木があるので季節には桜のおもてなしがあるのだろう。
自前の音響装置は実にしまりが良い音を出してくれる。それを更に引き出してくれるのがヤマハである。元来電気関係が好きで、高校生の頃ラジオを改造してアンプを作ったことがある。プレイヤーをつないでビートルズが聞こえてきた時の感動は未だに忘れることがない。
コロナ禍で配信Liveという副産物が出てきた。そして自前音響装置も俄然回数を重ねて安定の音を出せるまでになった。
やはり少しの妨げがある方が前に進むことができるなぁと実感の日々である。照明も少しの手間で弾き語りの良さを弾き出してくれている。会場の用意してある照明だけでは不十分である。ならば探して用意、活用すれば良いのである。効果の大小ではなく、そこへ考えを持ってゆく頭の柔らかさがいかに大事かも分かってくる。
たっぷり日の暮れた京葉道路を御帰還。江戸川を越えるとお江戸だ。亀戸→浅草橋→馬喰町→秋葉原→飯田橋→早稲田、やがて中野新井町。
つつがなき幸福の2日間、お忙しい中、誠にありがとうございました。

水戸市カフェモーニン御礼

2022年09月25日 | カテゴリー: 山木康世

台風一過見事な青空がスカイツリーの向こうに映えていて、流れゆく白雲もすでに秋の気配である。なんて想像していた常磐道は渋滞こそなく快適な水戸へのドライブであったが、秋の気配はまったくなく、どんよりとした雲が低く垂れこめて雨がさらにやって来そうな土曜の昼時。
会場に隣接した駐車場はなんと終日400円。都内ではにわかには信じられない料金である。いつの間にか10分150円などという法外な料金がまかり通る国になった。円安で外国人が日本の資産を買いあさっているというニュースも聞こえてくる。誰がこんな国にしたのだろう。
しかし今日の水戸の雨の日は少しのんびりしていて、一時昔に戻ったような心地良さを感じた。
カフェモーニンも一家で総動員、コロナ前にライブハウスに変身させたという旦那さんのおもてなしを痛く感じてつつがない一日だった。
終演時間には南方からやって来た雨もどうやらここ常陸の国で終わりのようで、太平洋の彼方に去っていったようである。
ひとつ発見のあった一日であった。プリアンプは大きな会場では必要不可欠な存在であるが、今回会場の外国製を使おうとしたが思うことがあって、いつものヤマハに変えてスッキリした。一番の違いはスイッチ類の数の違いであった。電気の信号をいかにロスなく伝えてくれて心地よく演奏できるかは人それぞれの選択にかかわっている。世界のヤマハを実感した日でもあった。
皆様お忙しい中、誠にありがとうございました。窓の外はどうやら穏やかそうで、今日は晴れ男健在ぶりを感じることが出来そう。
市川サクラコートホールで全力投球できるよう今から眠りの王国へ旅しよう。

渋谷区恵比寿杵家会館御礼

2022年09月24日 | カテゴリー: 山木康世

~三味の音が 響く広間に 福来たる~
いやはや遅くなってしまった。各地で雨の被害が予想以上で困惑している。暑さ寒さも彼岸まで、早く程よい天候になってほしい。
27日の国葬の準備とかで何かと都内の交通規制が始まっているよう。
会場の代官山駅周辺は懐かしい。駐車場が見えてきた。ここは何と「シンプル ボイス」初見参でかつて車を入れた駐車場ではないかい。思い出すなぁ。それから何度お世話になった「シンプル ボイス」が大雨に遭って浸水、機材も使い物にならなくなって閉店の憂き目。何とも寂しい残念な幕切れとなった。こじんまりして硬質な感じの良い店で好きだった。
杵家会館は「シンプル ボイス」から坂道を歩いて3分ほどで着く。
いつもは三味線の音が鳴り響いているのであろう。板の間の会場の片隅に、押し入れの中にマイ三味線が数多く置かれている。
いつもの三味ではなく六弦の調べである。アメリカンフォークソングが好きで50年。好きこそものの上手なれとはよく言ったものである。新曲を少し多めにLiveった杵家会館。響きが良くて2時間があっと言う間に過ぎた。お忙しい中みなさん誠にありがとうございました。
常磐道を2時間ほど北上、水戸市カフェモーニンでの土曜日、如何なる音楽会になるでしょう。お待ち申し上げまする。

新宿区天神町香音里ko-o-ri御礼

2022年09月20日 | カテゴリー: 山木康世

~路地裏に 花街情緒 敬老の日~
台風情報が昨夜から刻々入ってくる。ネットのウエザーニュースは更に正確に1時間単位で教えてくれる。お昼の1時から1時間は晴れである。この時間に機材を会場に運べれば幸いである。しかし今日の我はずぶ濡れにならずに済んでいる。
事務所を出たときは傘の心配をするほどの雨なし状態。車を動かすと降ってきた、降ってきた、青梅街道に出る頃には土砂降りだ。ワイパーも効かないほどのスゴ降り。街道沿いに2台のパトカーが赤いランプを点滅させて注意を促している。ランチを終えた頃には傘も要らないほど小雨。
一度「香音里」には足を運んでいるとのこと。全く記憶がない。2018年2月と言うから左程昔の話ではない。全曲未発表曲で臨んでいる。なんとも無謀且つ前向きな前回だったので会場の印象などに頭が回らなかったものと思える。因みにこの年の夏は幸運なことこの上なき「黄昏のビール」一色、がぶ飲みに染まった年である。
サブタイトルにある通り、路地裏がこんなところ車が走れるのというくらいの過密地区、しかし時代を遡りチントンシャンと聞こえてきそうな往時を偲べば心もしばし潤いの時間、雨も遠慮がち、終演時に天を仰げば青空も見えているではないかぁ。きっと一敬老人の今日の日を祝福しているのだ。老人、裸王人、羅生人、中国では老頭児ろーとるというらしい。心身が弱ってくるのが老人全員の実態ではなく一部である。それよりも長く生きてきて内に蓄えて秘めたる内的エネルギー充足者というイメージをもう少し強く世間は意識すべきである。強くて頑固な人間集団がベビーブーマーとして世界中にはびこって生息している事実を社会は尊重して活用すべきなのだ。
お忙しい中、雨風の台風の最中、お足をお運び誠にありがとございました。
それにしても狭い路地裏、縦列駐車にはマイッタマイッタ。

追伸

2022年09月14日 | カテゴリー: 山木康世

今日は何かと3が付きまとった日だった。
まず13日、ランチ代3330円、駐車場代3300円、そして3番サードを歌う。見えぬ知らぬところで大きな力で支配されているのかもしれない僕たち。

南青山MANDALA御礼

2022年09月14日 | カテゴリー: 山木康世

冒頭より聞き慣れぬ新曲。名前を「Aspirin」
1856年にドイツで開発され1900年にバイエルン社から発売されている。父は生前よく何かと用いていた記憶がある。
薬による治療は過ぎると毒で体に悪さをする。しかし即効性で効いて癒やしてくれるというわけだが、何事も程々にというところか。コロナ禍から3年である。一体真相はどうなっているのだろう。他国でもまだマスク、3密などうるさいのだろうか。はっきりしない国の国民へのメッセージが続くなぁ。
そんな事を考えながら配信を行った。
歌は体に心に優しい治療薬だとも思っている。アクセス数が何万、何千万などに騙されないことだ。同調圧力の怖さを知らないで、先の戦争のように盲目的に突き進む国民性を秘めているようなのでご注意だ。他者へ気配り、おもてなしも度を越すと薬と一緒のようにジワジワと悪さを始める。
こんなことをボンヤリ考えながらいざ出動。2時間を超す有人配信と相成りました。如何だったでしょうか。新曲はいつ何時姿を変えるかもしれませんのでご注意を。
お忙しい中平日の夕刻、誠にありがとうございました。
秋が忍び足でやって来る。どうぞ季節の変わり目体調を崩さぬようお気をつけください。

船橋sola御礼

2022年09月11日 | カテゴリー: 山木康世

船橋まで30キロ弱、ディズニーランドを右に見ながら車で1時間ほどでふなっしーの船橋、梨の船橋、地名が海老川に船を並べて渡ったと言うから歴史は古い。なんせ日本武尊が出てくるのである。
ふなっしーの黄色は梨の黄色。会場に設置されたピアノに大きく書かれた「免」の字。なんだか呪いのようで意味でもあるのか?後に調べたら消費税が導入される前に、特別な高額嗜好品が物品税を免除された印とわかった。
開演前ミャーミャー鳴いておもてなしをしてくれた2匹のニャアチャンには心癒されて、優しい気持ちで本番に臨めた。こんな癒やしは皆の脳内にホッとしたものを与えてくれる。
中秋の名月のこの日用意した「十六夜月「待ちぼうけ」千葉ならではの「チバニアンを見に行った」宜しくつつがなく整いました。
上空の青空にはすでに秋の雲、高い高い約束の希望の雲がたなびいておりました。
お忙しい中遠路はるばるこぞって皆々様、誠にありがとうございました。
13日火曜には南青山MANDALA有人配信LIVELIBRARYが待っております。オータムマンの心意気此処に有りと初秋の東京より夜長月MusicLetterをお送りいたします。乞うご期待!

船橋SOLAお誘いしましょうぜ

2022年09月08日 | カテゴリー: 山木康世

海老川の河口に船を並べて橋としたことが地名の由来という。
札幌にいる頃は船橋と言えば船橋ヘルスセンターが有名だった。
昔ストリップ劇場がライブハウスに変身した会場で一度ライブをした。踊り子さんたちの在りし日をしのんでギターを弾いて歌を歌ったもんだ。ステージのガラス張りの床は下からの照明が生きていて、とても華やかなステージだったことを思い出す。踊り子さんには手を触れないでください、なんて仰ってナシを作ったもんだ。

~月の歌 吟唱詩人 名月を待つ ~

名月を待つ 縁側で二人 ススキの穂に名残の夏の風 
一杯どうぞと船橋の君は あーあ名月はまだか 日が暮れっちまう

近くの駅名の飯山満は何と読む?イイヤマミツルではない。はさまなのであるね。その昔、子どもたちに「帽子が田んぼに落ちても絶対に取りに入ってはならぬ」と言ったほどで、大人でも一度はまるとなかなか抜け出せなかったそうである。「飯山満」の語源については、「米(飯)が山ほどできて満ちた土地」からついたという伝えがあるが、実際には「谷あいの場所:狭間(はざま)」からついたものであると考えられている。というのをネットで見た。
古い歴史に会える町へ出かけるのは格別の趣がある。しかし行ってもなーんにもないのであるが、そこは妄想族の出番。目を閉じて耳を澄ますと心の隅に見えてきて決して無くなってはいないのである。
明後日土曜には千葉県の船橋へ出かけてみましょうぞ。

新宿区あんさんぶるStudio音御礼

2022年09月05日 | カテゴリー: 山木康世

事務所より20分ほどで副都心西新宿に到着。日曜日ということで車が少ない。トラックが少ないのが原因である。以前も書いたが静かな住宅街と頭上に走る高速道路、高層ビル群、ひときわ都庁ビルの異様なデザインに目を見張る。
日本の人口の10人に一人が東京人ということらしいが、あまりにも偏りすぎた集中度である。これに神奈川県、千葉県、埼玉県が加わって4分の3が生活してるらしいので、日本人の考えを示すときにこのことを踏まえて考えると異常な偏り集中なのである。
今回から北海道本別で入手したランプを2台使用した。なんとも会場だけの明かりだけでは頼りなく不可能な世界を醸し出すことが出来て良かった。
2時間越えのlivelibraryには照明も大いに大事であるということを痛感した。昼間のliveだったので終わって外に出てもまだ明るくて、上空には羽田へ舞い降りる巨大なジェット機が頻繁に低空で音を立てて通過する。
北海道ののどかな緑の地から舞い戻ってすぐだったので余計に大都会の過密さ、エネルギーを感じた母の祥月命日の日、少し意識したMC。何回目になるのだろう。もう訪ねてもいなくなった病院を後にしたあの日も、札幌ではあるが今日と同じような台風一過の朝だった。
みなさんお忙しい中ありがとうございました。
馬肥ゆる食欲の秋、秋の夜長を楽しんでください。

次のページ »