となりの電話 山木康世 オフィシャルサイト

南青山Mandala御礼

2018年09月17日 | カテゴリー: 山木康世  

日曜の正午からのライブにお集まりの皆様、お忙しい中、誠にありがとうございました。
お昼のエネルギーで快調に2時間半をライブ出来ました。
新曲も交えてのドブロ、新旧ギブソンとの共演。久しぶりの音楽の日でリフレッシュ、今週から来週へ今秋を乗り切って誕生月の10月へ突入、と相成るのでしょうか。
その前にSONYより発売予定の新CD録音の日々が続きます。乞うご期待!
ハッキリとは言えませんが、お昼と夜のライブには違いがあるのでしょうか。お客さんの体調の違い、僕の気持ちの違いなどでおそらく違ってくるのでしょう。
良い意味で朝早くからのライブ、本当にやってみたいですね。
オハヨー、オハヨーが飛び交う会場には新しい朝、新しい自分同士が顔を合わせるわけです。
人間は太陽が上がって起きだし、沈むまで活動するのが本来の姿だ。
さぁ農作業の始まりだ。

昼12時開演

2018年09月16日 | カテゴリー: 山木康世  

徐々に近づいてきた。なにがってかい、そう午前7時開演、夢のライブ。ご高齢者は朝が早い。4時には起きて新聞を待っている。そして公園へ出かけてみんなとラジオ体操を終えて、すこーし汗をかいた自分を褒めている。まだ出るじゃない!さぁサンプラへ行ってコンサートを観て、10時には一眠りしよう。なんと一日が長いことか。全国に早起き病が蔓延するのも時間の問題だ。
明日は8時に事務所を出て南青山マンダラでクライアントの皆様をお迎えする準備をします。

カツを入れに行く南青山マンダラ

2018年09月15日 | カテゴリー: 山木康世  

やはり詩がいけないんだな。大人が聞いても耐えられる歌が本当に少ない。ヒットばかり狙っているのでこうなるのだな。
ロシアでの会談で完全になめられた日本。北方四島などこのままでは返ってこない。アメリカに行ってあの無様は世界のみんなが見ていた。完全に失態である。マリオなどになりおってオリンピックに浮かれている場合じゃない。
スマホの普及により主体性の総じて薄い国民は情報やどうでもいいニュースに目と心を奪われている。入墨の入れた奇妙な格好の若者も見たくない。
このままでは2流国家に落ちぶれる。なーんて言いながら明日はマンダラで自分にカツを入れに行く。

南青山マンダラ懐古

2018年09月13日 | カテゴリー: 山木康世  

初めて足を踏み入れた時、懐かしさがいっぱいこみ上げてきた。 かつて20代の終わり2年間住んだことのある南青山界隈。
よく渡った横断歩道、よく行った銀行、よく行ったピーコック、周りは懐かしさでいっぱいだった。
当時吉祥寺マンダラ2の店長だった小倉君が上機嫌で教えてくれた南青山マンダラ構想の青写真を今でも思い出す。吉祥寺ライブの夜、打ち上げで夜も更けた丑三つ時、嬉しそうにテーブルの上に広げてくれて話してくれたっけな。
その店で今回日曜日にライブを行う。何度目になるのだろう。
皆さんも南青山マンダラの思い出、エピソードがございましたら250字以内で是非書き込んでみてください。
元気で遊びに来て下さい、そのときお会いしましょう!`

追記 安倍首相とプーチン大統領が会談をした。このとき北海道地震へのお言葉は?

水戸ペーパームーン御礼

2018年09月10日 | カテゴリー: 山木康世  

2回目のペーパームーン、9月9日重陽の節句という縁起のいい日。9のゾロ目は何かと嬉しくいいことが待っている。
「天人様」でスタート、?と思われた方はかなりの通のヒト。そうです、メロディの大幅リニューアル。マイナーからメジャーですので、好き嫌いが分かれるところでしょう。この詩は捨てがたく、いつかはCD化と思っていた歌。オープンコードでスライドなど多用すると、フォークソング風+和風という世界になるわけ。まだのヒトは、ぜひ聞きに来てください。今度の日曜マンダラでも歌う予定。
熱心なみなさん、お忙しい日曜の夜、誠にありがとうございました。
またお会いしましょう。

水戸ペーパームーン

2018年09月09日 | カテゴリー: 山木康世  

2回目のペーパームーン、僕自身も京都以来2週間ぶりのライブです。
水戸と言えば納豆、納豆は大変体に良いそうです。関西の人はあまり食べないそうですね。昔バンドの一人が奈良の人でした。全く駄目でした。腐ってると渋い顔をしていました。しかしあのネバネバが良いんですね。
あとは梅の偕楽園、梅も体に良いと言うこと。
そして体に合ったライブはもっと良いと言うことでしょうか。
元気が出る、やる気がわいてくるようなライブを心がけてギター1本2時間1本勝負、いざ出立です。
まずは笑顔で互いを思いやり、楽しくお会いしましょう。
北海道も少し沈静化、届け被災地に僕のメッセージ!

厚真町

2018年09月07日 | カテゴリー: 山木康世  

今回いきなり全国に名を知られることになった厚真、パソコンであづま、あずまと入力しても出てこない。あつまで出てくる。もしかしたら厚真はあつまが正式名称ではないだろうかとふと思った。
やはり正式名称はあつま町だった。テレビ、マスコミはこぞってあづま、あずま町と報道していた。考えてみたら当の厚真町には電気が行っておらず被害の規模も自分たちの呼ばれ方も聞こえてこないわけだ。
すぐにあつま町とNHKを始め改めないといけない。町の名誉のため言っておく。山本さんにはもう懲り懲りしている。
今聞いたらあつまと発音していたのでやれやれだ。
それにしても停電が冬だったら、どれほど深刻だったのだろうと考えてしまった。
北海道に早く電気、水が戻ってきますよう祈ります。

北海道地震

2018年09月06日 | カテゴリー: 山木康世  

未明に起きた大地震、地名がダリア園の早来、厚真、安平など聞きなじみのある地名が次々と飛び込んでくる。姉に電話を入れるとものすごい揺れだったと、真っ暗な中不安で怖かったと。札幌市内も大変だったよう。電気が北海道全域で止まっていることが信じられない事態。泊の原発が停止中で何よりだった。まずは普通の生活に早く戻られるよう祈ります。

処暑の候

2018年09月05日 | カテゴリー: 山木康世  

昨日の大風は凄かった。各地に被害が広がって、風も怖いと思った。

一度札幌で風速50メートルを体験した。8階建てのマンションが揺れたときには、このまま強くなったらどうなるかと怖かった。

台風一過、秋空だが風が強い。気温も戻ったような。でも9日まで処暑の候、その後残暑でざんすかね。みなさん被害は大丈夫ですか?

ご多忙中の折、250文字,超えないような軽妙なコメントお待ち申しげ候。

意外に若かったんだ

2018年09月04日 | カテゴリー: 山木康世  

昭和55年の今日、母との別れの日だった。
59歳、誕生日直前の母との別れをよく覚えている。
台風のような大風の未明に息を引き取った。初めて間近に見る人の死を冷静に見ていた自分がいた。
オレオレ詐欺など小賢しい人間はこの世にいなかった。スマホもSNSもなかった。今より大分人間的な世の中に見える。アナログからデジタルに取って代わった世の中。便利になったが快適か。そうとも言えないか。最後に残るのは人が人に与える心的影響力か。
何かと物騒な天の采配、せめて天上の人たちを思い出して手を合わせるくらいのことは忘れないでいたいものだ。

次のページ »