となりの電話 山木康世 オフィシャルサイト

三島ほとり御礼

2020年03月30日 | カテゴリー: 山木康世

三島到着の頃は、なんと今までの雨模様が嘘のように穏やかになり、空の片隅に青空が顔を出すじゃあーりませんか。幸せは青空の彼方から。ほとりの駐車場で愛鷹牛弁当をかっ食らう、そよ風の中美味かった。
2回めのほとりのおもてなしは非常に良好。新作「帰らない客」京都でぶぶ漬けを聞かれたら、早々と腰を上げてお暇するんだよ。この先どのような展開を見せるか楽しみな新作と相成った。
日曜のマーキーでは「ニッポン・ワッショイ」とともにご披露するでyasu
皆様、お忙しい中ありがとうございました。またお会いしまshow
10時には32年ぶり季節外れの雪の東京へ舞い戻ree

「カフェほとり」でのライブは2回目です


背後の白い建物が「カフェほとり」川のほとりに建ってます


深い夜の三島大社は人気もなく幻想的


名古屋リリーバンケット御礼

2020年03月29日 | カテゴリー: 山木康世

目に見えぬ不安恐怖に対処する2通りの生き方。
一つは毛布をかぶって、じっと耳を澄まして、部屋の中から一歩も出ず買い占めてきた食料に安堵して、とりあえずこの時期を乗り切ろうとするタイプ。
もう一つは、考えてもどうしようもない。ある程度の防御はするが、普段の自分を信じて、なるようにしからならないといい意味での開き直りで毎日を過ごすタイプ。
生きている時間は有限である。自分の人生は自分次第であると決断せざるを得ない時代を我らは生きている。

昨日お集まりの後者のみなさま、誠にお忙しい中ありがとうございました。それにしても大変な令和2年ではある。
今日は三島ほとりでのLIVELIBRARY、平常心で、かつ集中、興奮、今日しかない令和2年3月29日日曜を楽しもう!

リハーサルで


伏見駅からすぐの会場です


お客様から春色の花束をいただきました!ありがとうございます。「花はいいねえ」とBOSS

東京都練馬区ドルチェホール御礼

2020年03月23日 | カテゴリー: 山木康世

良い春の陽気の中、トロ否、ブリ否、ハマチ否、カンパチ、環八沿いのピアノセンター「ドルチェホール」での日曜の昼下がり音楽会、毎月22日の格別なLivelovely新ギブソン1本で臨みました。
ギター数本での2時間は宜しいのですが、交換時に一人で行うので集中力に欠けるというマイナス面がありますが今日は集中できて良い時間でした。
旧い歌も引っ張り出してきて自分の昔、皆さんとの昔をアレヤコレヤ思い出し、感慨深いものもありました。
このご時世、リスク承知でご参加の理解者の皆様、ありがとうございました。
早くの終息、世の中が平常に早く戻りますよう切願いたします。

約25年ぶりに歌った「雨は僕の友達」と「あなた以上の人に」

東京都練馬区ドルチェホール「山木康世 Live Lovely 2020★22」

2020年03月21日 | カテゴリー: 山木康世

春分の日も終わって中野通の桜も普段通り咲き始め春が一段と近づいて参りました。
明日は2回目の「山木康世 Live Lovely 2020★22」
今回は練馬区ドルチェホールで執り行います。
まだ収束時期の見えない新コロナ騒動ですが、季節の穏やかさと共に収まってゆくような気配が見えます。
無視してはおりませんが、自分の人生は自分で切り開くのが基本的生き方ですので非常識アーティストと言われても気分で止めるわけには参りません。
気持ちを強く持って強き体力と共に明日は練馬区ドルチェホール参上です。
賛同してご参加して下さる心身共に強靱なお客様、どうぞ時間、会場お間違えのないよう、心よりお待ち申し上げます。

東京都新宿区高田馬場Lone Star ★ Cafe御礼

2020年03月16日 | カテゴリー: 山木康世

昨日の陽気は前日とは打って変わって晴れ男が還ってきたお天気。
もう春なんだなぁ、この一言だ。世間の騒がしさを横目にカントリー充満のお店でのLiveLibrary、まっこと良い日曜の午後のひとときでした。
高田馬場は学生たちの街という感じで好きな街。
まっちゃんやマイクダンや古橋クンや尾崎クンをマスターは知っておりました。
また来たいと思わせる久しぶりのガチなお店。カントリーは良いなぁ!
みなさん有り難うございましたでYasu

「落ち着くステージだなー」


店内はカントリー一色です


「ローンスター」はカントリーの本場テキサス州の愛称。州旗にも一つ星(ローンスター)が輝いています

八千代「木ここち」御礼

2020年03月15日 | カテゴリー: 山木康世

2度目の八千代市、千葉県の中央東辺りに広がる街。土曜日は晴れである、つまりライブの日のお天気の確率が良いというジンクスが覆された日でもある。
木の持っている心地よさをふんだんに取り入れた建物での午後のひととき、誠に山木も心地の良いひとときを過ごすことができました。
お客様で天国の奥さんの遺影と一緒の旦那さんからは「柏ではよく夫婦で参加させてもらいました」感慨深いものがあり合掌しました。イチゴもいただきました。
終演してカーテンの外を見ると、雨脚は変わらず雪混じりのような寒い黄昏時でありました。
お忙しい中、何かと騒々しい世の中、どこ吹く風とばかりにご参加の皆さん誠にありがとうございました。

八千代へ

2020年03月14日 | カテゴリー: 山木康世

もしも与野党問わずトップが違っていて「東京オリンピック」ではなく「福島オリンピック」としていたら、すべてにおいて内外に向けて日本人の優しさ、強さ、未来思考等々、プラスのイメージを伝えることができたはずだ。
心の災い、患い、戸惑いを払拭してくれるような春へのシンフォニーが聞こえてくる。八千代まで雨のなか車を飛ばす。ウイルスは空気感染ができなく、やがて死ぬそうだ。人や動物に寄生してしか生きていけない。まずは手や喉に気を付けよう。

あの日の翌日

2020年03月12日 | カテゴリー: 山木康世

大変な時代に入った、これからの日本は、日本人は今までと違う観念で生きていかなければならなくなるのだろう。
高校時代十勝沖大地震があって全員グランドに集合、先生の指示により早め帰宅。家に着くと母親が心配そうに外にいたのをよく覚えている。家の中で一人いることが不安だったのだろう。
あの日の翌日、つまり9年前の今日は隅田川での山木倶楽部主催屋形船の日だった。しかし自粛どころの話ではない。中止だ。2名の予約者と連絡が取れない。日の陰った5時過ぎまで川べりで待つことにした。滔々と流れる隅田川の水の流れはいつもと何も変わっていない。しかし東北で重大事が発生している。現地からの報道に僕はこれから何ができるだろう。先ずは明日の中止の徹底だ。夕飯を取りに入った事務所近くの去年の年末に閉鎖した居酒屋で原発の建屋爆発を知る。メルトダウンの始まりなのだろうか。いろいろと明日からの不安が頭をよぎって心騒ぐ日が続くのである。
そのころの日々の記録が残されているのでアーカイブス2011年3月をご覧ください。

山梨甲府湯村御礼

2020年03月09日 | カテゴリー: 山木康世

なんとまぁホテルを出ますと小雪のちらつく松本の空、こりゃ急がねばチェーン走行規制など出たら今日一日が棒になる。予想通り高速道の周りは白く積もり始めている。気温を見ると0度である。しかし思ったほどの降りではなく、トンネルをいくつか越えて気温も3度と上昇。甲府まで30分、安堵した。
甲府市出身kingdom内藤氏のサポートによるlivelibraryはkingdomご親族ご列席の下、つつがなく盛り上がりました。みなさま誠にありがとうございました。
地元のお客様を始め東京からも常連様や、nowfield様も駆けつけてくださり花を添え大いに盛り上がりました。
山梨はワインの街、夜の乾杯はもちろん格別のワインを堪能いたしましたでYasu。

内藤さんの地元甲府で二人のギターが唸ります


左から、今回お手伝いいただいた遠藤さん、東京からSONYの今野さん。次回の甲府ライブを約束しました

松本LOFT御礼

2020年03月08日 | カテゴリー: 山木康世

カーテンの隙間から朝がやってきた。窓の外を見ると夜間に降ったようで濡れている。
松本駅を貨物列車が通過する。いつもの新しい朝の始まりだ。今日は1時間半中央道を甲府へ。
昨夜のLOFTは始まりを感じた。旧知のじじが始めたLOFTに乾杯。感染騒動で会場の換気の入れ替えや、マイクの消毒など転ばぬ先の杖、トイレにはアルコール消毒液が備えあれば憂いなし。全国挙げて未知との遭遇にやっきだ。みなが賢明に対処している。いつか笑いぐさになるだろう。テレビやネットの身勝手な情報に振り回されず、もう少しだ。太陽のコロナが桜を咲かせ、憂鬱で厄介な悩みの元のうざったいコロナを払拭、消滅させてくれる。いつも通りの恩と絆を感じて音の生活を続けることがwatashi幸せの元だ。
昨夜はみなさまありがとうございました。頑張って日曜日を楽しみましょう!

BOSSの旧知の上條さんが開いた「松本LOFT」で初ライブ


左から上條さん、ミュージシャンでPAの遠藤さん、店長の鈴木さん

次のページ »